お気に入り
チェック

プロフィール

PR 貴方はもう忘れたかしら
赤い手ぬぐいマフラーにして…

「本当の女の幸せ」
って少し考えさせられてしまいました。

3畳一間の下宿ではなかったそうですが、
早くに子供を授かり貧困の狭間で、
夫婦で一生懸命に働いた。

白く眩しく輝くマイホーム。
2人きりでは広すぎて。
子供たちが走り回れるようにって、
無理して買ったマイホーム。

気づけば主人は仕事が中心の
家庭やワタシを顧みない人になってしまいました。

必死で働く姿に文句を言えるわけもなく、
出張がちの忙しく過ごす御主人様との関係は、
至って極々普通に良好。
背伸びして一軒家を購入さえしなければ、
悠悠自適に過ごせていたのかもしれない。
夫婦二人きり水入らずで暮らしていたのかもしれない…


愛されているのはわかるの。
『君にうつしてしまわないか心配だから』と、
全国を駆け回るあなたはワタシを気遣って帰ってこない。

ただただ一人で自宅で過ごす時間が長く
夜の営みが少なくなり一人で慰める。

それは10年ほども前になろうか、
あの甘美な官能的な情緒的な、
塾講師時代の誰にも言えない悪戯が忘れられない。

生徒さんを送り出し誰もいなくなった教室
照明を落とすと自分も闇に溶けてしまう様な中。
ときおり目の前のを駆け抜ける、
車のヘッドライトの漏れた光りが2人をうっすらと微かに照らす。
塾長さんとの淫らな粘膜の絡まる音が耳に響く静まり返った
暗く誰も居なくなった教室。
二人の交わる香りが、鼻孔に、
彼の汗がライトに照らされ輝く光景が、脳裏に
優しく激しく愛される感覚が心に、こびりついている

帰ってこないから寂しさを紛らわす。
身体が火照ると思い出す、あの女盛りをもう一度
年齢42歳
身長159cm
バストDカップ
スリーサイズB.80 W.57 H.84
プレイ可能オプション
要確認オプション

新着ブログ

フォロワー

999
999